お役立ち情報 

HOME | 障がい者の皆様へ | お役立ち情報

日常に役立てられる情報をお届けします


 TOPIC

障がいのある方の就労事例集

障がいがあってもなくても、さまざまな働き方があります。
企業の皆様には是非さまざまな事例があることを知っていただき、誰もが活躍し輝き続けられる街、札幌を目指しましょう。(※札幌市サイトより)

 
修郎事例集アイコン
 

 このサイトでは、札幌で働く障がい者の方々が紹介されています。頑張っている方々の話を聞くと、自分も頑張ろうと力が湧いてきますね。
 
詳しくは札幌市サイトへ > 障がいのある方の就労事例集LinkIcon
弊社の社員が掲載されました>無理だと思わせたのは~LinkIcon

 TOPIC

あなたの”行けた!”が、誰かの”行けた”に

ビーマップは、障がい者や高齢者、ベビーカー利用者、外国人など、多様なユーザーが外出時に求める情報を共有するサービスです。

  
ビーマップスアイコン
 

 あなたの出かけた先の情報、その情報が多様なユーザーの可能性を広げます。
 
 
 
 

 TOPIC

移動美容室のご案内

さまざまな事情で訪問美容も難しい方のために、荷台部分を美容室にした車でどこにでも参上し、どんなお客様でもキレイになって笑顔になっていただきたい。そんな素敵な考えを持った岩田美樹さん((株)クレイジースター/福祉部門 スマイルスター/代表取締役)が実施されているサービスです。

 
移動美容室画像

移動美容室を運営する岩田さんは、障がい者の生活向上のために移動美容室車をつくり頑張っていますのでジョブサポートパワーとしても何らかの形で応援したいと思っています。
 
詳しくはチラシをご覧ください > 移動美容室チラシ.pdf

 TOPIC

カラオケBIG ECHOで、テレワーク?

カラオケルームが第二のオフィスに
「ビッグエコーのテレワーク」はココが魅力!
駅から近くアクセスしやすいので便利!
ビジネスプラン対応全店舗にてWi-Fiをご利用いただけます


ビッグエコー画像
 

「カラオケ=個室」なので、
・周りを気にせず電話会議や打ち合わせができます
・机に広げた資料を第三者に見られる心配もありません
予約不要なので、急に空いた時間の有効活用にも最適!
もちろんご予約も承れます


 Tips 

杖の置き場所

私は片麻痺の障がいで外出時には杖を手放せないのですが、片腕しか使えないのに両手が必要な場面が多々あります。
そんな時は杖をどこかに立てかけたりするのですが、バターン!!と、大きな音を立てて倒れてしまったりして恥ずかしい思いをしたりします。もちろん「転ばぬ杖」もあるのですが引っ掛ける作業が、なんか面倒臭いんですよね。
そこで、私は100均などで売っている「スプリングストラップ」を杖に付けました。これのクリップの方をズボンのベルト通しなんかにくわえさせると、手を離しても杖は倒れませんし、少々なら引きずって歩けます。
いつでも杖を放せるのは想像以上にストレスがないです。100円+税の出費で済みますから、興味のある方は試してみてはいかがでしょうか。


 

杖を持っている画像
 
杖を離した画像。スプリングストラップで杖が倒れない

 Tips 

 両手を使うために

私は両上肢に障がいがあって腕の力が弱いので、片手を使用するために、もう片方の手で使用する方の腕を支えなければいけません。
そのため、ドライヤーで髪の毛をブローする時など、両手を使用する動作の時は困ってしまいます。誰かにしてもらうのも1つですが、オシャレは特に自分でやりたいと思うのが乙女心。
そんな私の気持ちを察した訪問看護の看護師さんが、こんな代物を作ってくれました。ブックエンドと板をくっ付け、表面にはフエルト、底には滑り止めシートが貼ってあります。
ブックエンドの立ち上がりに手首を置けるので、ドライヤーをする際の踏ん張りになり、フエルトのおかげで腕が滑らず、滑り止めシートのおかげでズレません。
こうした障がいに見合った自助具が1つあるだけで、生活が楽しくなりますね。

 
髪の毛をカールしている画像01
 
髪の毛をカールしている画像02

 TOPIC

東京障スポ・ナビでもっと楽しくなる

東京障スポ・ナビは、公共スポーツ施設のバリアフリー情報や、スポーツ教室の開催情報をはじめ、障害者のスポーツに関する様々な情報を掲載しているポータルサイトです。
 

東京障スポナビ画像
 

これまでスポーツをしていなかった方がスポーツを始めるきっかけとして、また、スポーツをしている方が、これまで以上に活動を深めるための一助として、さらには、障害者スポーツの理解促進・普及啓発や、障害者スポーツを支える体制の拡充につなげるためのツールとして、あらゆる方に、あらゆる場面で活用していただけるよう情報発信していきます。
 
※イベント情報及びスポーツ施設情報は、各区市町村等への調査をもとに掲載しています。
※「障害者」の表記については、各団体の使用例によります。
情報は順次更新していきます。

 

 

 

 TOPIC

片手で暮らす 普通の毎日

右片麻痺で主婦をがんばっておられる方のHPを紹介します。
 


 
2010年脳出血により右手足が不自由になりました 
大変…でもやってみたら意外とできる 片手暮らし自分なりですが道具やコツetc  お伝えします…ご協力くださる方々、ありがとうございます

ーPROFILEより
 

 

『まいにち』『おはなし』『料理』『自助具』『調理』『くふう』『身のまわりのこと』『道具』『家のこと』にカテゴリー分けされています。『まいにち』で全ての記事が表示されます。それぞれ、工夫やコツ、インタビューや寄稿など、見る物、読むもの、感心するもの多種多様です。
 

病院の作業療法士(OT)さんと一緒につくられているそうなのでリハビリなどの情報も期待してしまいます。まだまだ書いていない記事が多数と言うことなので注目です。
 
 
 
 

 Tips

ハッカ油で夏を涼しく

暑い夏の日、制汗シートのお世話のなった人も少なくはないなず。メントールが効いた制汗シートはたまりませんよね。そんなメントールの効果で体温を下げ清涼感を与えてくれる『ハッカ油スプレー』のご紹介です。

 
材料画像
材料

ハッカ油 / 20ml ¥596程度(amazon)

無水エタノール / 100ml ¥1376程度(amazon)

精製水 / 500ml ¥646程度(amazon)
(水道水でも可だが、一週間保存が目安)

スプレーボトル / 100均で。ポリエチレン製は避ける

作り方 100ml

1.スプレーボトルに無水エタノールを10ml入れる
※無水エタノールはアルコール濃度が高いため引火しやすいので火気厳禁

2.ハッカ油15滴程度を加えボトルを振って混ぜる

3.精製水を90ml加える

4.ボトルの蓋を閉めよく振って混ざったら完成

体に吹き付け清涼感を得るほか、抗菌・防虫作用、汗のニオイの軽減、虫除け効果も期待できます。
※注意点:ハッカ油は皮膚や粘膜への刺激性があるため、使用量に注意して下さい。敏感肌、鼻や喉の粘膜が弱い方は作り方の半量以下でお試しください。また、肌がデリケートな乳幼児への使用は避けて下さい。虫よけスプレーとして使う場合は、お子さんのまわり(ベビーカーやタオル、洋服など)にスプレーして下さい。

 TOPIC 

エスカレーターマナーアップ

第一歩は知ることから、みんなでシェアしよう
『右側も左側も手すりをつかんで止まって乗る』
東京都理学療法士協会は2020年に向けてエスカレータを歩く人がゼロとなる社会を応援します
-HPより
 
エスカレーターマナーアップキーホルダー画像
 
片麻痺など体が不自由な方はエスカレーターの片側にしか乗れない場合があります。手すりを持つ手が限られていたりするためです。
『エスカレーターの片側は、歩く人のために開けておく』
半ば常識となってしまった習慣のために、肩身の狭い思いをしている人たちがいます。私も肩をぶつけられたり、舌打ちをされたりしたことがあります。そのたびに嫌な思いをしたものです。この度『東京都理学療法士協会』さんが、写真のようなキーホルダーを作り、無料で配布されています。HPから申し込みができます。  

 TOPIC

助け合いのしるしヘルプマーク

 気づいてください。ヘルプのサイン。
義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、または妊娠初期の方など、外見から分からなくても援助や配慮を必要としている方々が、周囲の方に配慮を必要としていることを知らせることで、援助を得やすくなるよう、作成したマークです。
- HPより
 
ヘルプマーク画像

ヘルプマークは、市役所などでも無料配布されていたり自治体で様々ですが、お住まいの地域の市役所などのホームページをチェックしてみてください。
ただ残念ながら、一般に浸透していないため認知度が低いのが現状です。身に着けて、すぐさま効果が出るかどうかは別ですが、人の目に触れないと認知度は上がりません。しかし、身に着けることで、疾患等があることを人に知られたくない、特別な目で見られたくない、という人もおられるとは思いますが、そこはそれ、必要としている人のためにも普及するまで身に着けてみてはいかがでしょうか。

 

 

 TOPIC

人生劇場紙芝居

発達障がい者篇

障がい者が誇りを持って暮らし続け、周囲もそれに共感しながら潤いと活力ある地域社会を形成していく機運を高めるため、発達障がい者が職場で遭遇した行き違いと就職にかける想い等をつづった紙芝居を制作しました。

-HPより
ワンティーム画像
 

十勝総合振興局長が発達障がいの方とご家族から聞き取りをしてお話も絵も手作りで制作され、局長自ら上演されている紙芝居です。
これまで直接上演でしか見られなかったのですが、発達障がいの方への理解を深めるツールとして広く活用してもらいたいと、十勝総合振興局のホームページで公開されています。

紙芝居は第1部(前後編)及び第2部で構成されています。

場所:中段の人生劇場紙芝居(発達障がい者篇)

▲TOP